消費者金融に支払ったお金が戻ってくる!?過払い金請求とは?

過払い金って何?

「過払い金」とはその名の通り払いすぎたお金のことです。以前多くの消費者金融などが「利息制限法」という法律で定められていた金利の利率を超えて利息を取っていました。この法律では「10万未満の借入れは20%、10万~100万未満の借入では18%、100万以上の借入れは15%を超えた利息は取れない」と決まっています。しかし「出資法」という別の法律があって、それによると「上限金利が29.2%を超えると、懲役や罰金などの刑事罰が適用される」と定められていました。まとめると利息制限法を超えた金利は無効だが、それを超えても出資法の29.2%を越えなければ刑事罰はなかったということです。それで2つの法律の間の利率、つまり15%~29.2%、18%~29.2%、20%~29.2%の間の利率が「グレーゾーン金利」と呼ばれていて、多くの消費者金融がこのゾーンでの高い利息を取っていました。その間であれば刑事罰を受けない、というわけです。

過払い金を受けられる可能性があるのはどんな人?

しかし最高裁の判決で、グレーゾーン金利でとった過払い金を、顧客に返還することが決まりました。それで多くの人が過払い金がなかったかどうかの診断を行っています。では具体的にどんな人が対象になるでしょうか?2010年までに消費者金融などで借金したことがある人全員が対象になります。取引の期間が長かった人の場合は、けっこうな過払い金が発生しているかもしれませんので、過去に借入れしていた人は診断してみたほうが良いでしょう。国民の10%が返金対象者になるとも言われているほど大きな現象なので、少しでも心当たりがあれば弁護士事務所などに問い合わせることができます。無料相談を受け付けているところがあるので活用しましょう。過払い金請求についてひとつ注意点があります。それは時効です。過払い金の時効は10年と決まっているので、最終取引から10年立つ前に行動するよう意識しましょう。

消費者金融審査が甘いとなぜ言われる?実態調査!はこちら

Whitt