友人からお金を借りる場合の念書の書き方

友人からお金を借りるのは、金融機関などから融資を受けるのと違い非常にあいまいになってしまうものです。いくら借りたのか、いつまでに返せばいいのか、決まっていない貸し借りということもあるでしょう。
しかし、友人との大事な友情を壊したくないなら、あえてその部分をはっきりさせておくことです。そのために、お金を借りる時点で念書を作成するのがおすすめです。念書とは、借金の証拠のようなものです。
念書の書き方ですが、まず友人の名前と自分の名前、さらにお金を借りる日にち、金額、返済期日と返済方法などです。返済方法ですが、たとえば毎月25日に1万円ずつなど、細かく記載しておくのがよいでしょう。さらに、重要なのは、利息を上乗せして返済すると念書に記載しておくことです。「友人に、どうして利息を支払わねばならないのか?」と思うかもしれませんが、友人だからこそ誠意を見せることが重要です。念書に利息のことも書かれていれば、友人もビジネスとして受け止めてくれることもあるでしょう。お金を借りる側も負い目ばかりではなく、少し気が楽になるはずです。
また、念書は借りる側から申し出るのが礼儀です。友人は、「本当に返してくれるかな?」と正直半信半疑で貸すものです。かといって、念書を書けとは言い出しにくいものです。その気持ちを汲み取り、自分から申し出るほうがよいでしょう。
友人間の金銭の貸し借りは基本的によくないですが、どうしてもという場合、最低限の礼儀は守りたいものです。
お金借りる至急.com|消費者金融で今日中にお金を借りる方法はこちら

Whitt